債務整理をする前に学んでおくべき事があります。

債務整理の種類

任意整理について

任意整理とは、法的な強制力を伴わない債務整理の方法を指します。
文字通り「任意」に整理が行われるのです。
債権者は債務整理に応じなくても、法的には何も問題がありません。
ただ、もしも応じなかった場合には、債務者が自己破産してしまう可能性があるでしょう。
そうなると、回収できない債権の金額は大きくなることが考えられます。
なので、自己破産をしなくて良いような程度で対応するほうが、
債権者としても適していると言えるでしょう。
そのために、任意整理に応じてくれることが多く、債務整理が成立しやすいのです。

自己破産について

債務整理の方法の一つとして自己破産があるのですが、
自己破産をすると生活必需品を除いたほとんどのものを失ってしまいます。
債務がなくなるとは言っても色々なものがなくなってしまうことで、
かえって生活が苦しくなってしまうこともあるでしょう。
特に住宅をもっている場合には深刻です。
このような状況を打破するために作られた制度が個人再生です。
個人再生では住宅ローンを返済中であれば、住宅ローンの債務を残す代わりに
住宅を失わずに債務整理ができるという方法
です。
住宅ローンを返済中の人のための債務整理の方法だといえるでしょう。

個人再生について

債務整理の方法の一つとして個人民事再生があります。
これはまだ新しい債務整理の方法だといえるでしょう。
個人民事再生には給与所得者等再生と小規模個人再生の二つがあります。
民事再生法という法律によって定められている債務整理の方法なのですが、
他の方法に比べると手続きが簡単だという特徴があります。
債務がすべてなくなるというのではなくて軽減されることになります。
なので、当たり前ですが、その後も返済は続けていかなくてはなりません。
返済を続けていくことができるのかどうかということが審査されて、
できると判断された場合にのみできる債務整理の方法です。

特定調停について

特定調停は債務整理の方法の一つとして活用されていますが、
他の債務整理の方法と異なる点は裁判所が間に入ってくれるということです。
裁判所が間に入ってくれて色々な交渉を行ってくれますから、
債務整理をする人は弁護士などに依頼しなくて良いというメリットがあります。
弁護士に依頼するとどうしても費用がかかってしまいますが、
この費用を抑えることができるという点で非常にすぐれていると言えるでしょう。
言葉を変えれば、特定調停は裁判所が行ってくれる任意整理だとも言えます。
お金のない人にとっては、債務整理の方法としてはすぐれているのです。